• HOME
  • 知っている人も、もう一度学び直しておきたいSEO

知っている人も、もう一度学び直しておきたいSEO

20.06.23 |

Webマーケティングが主流になるにつれて、『SEO』という言葉が当たり前になってきました。
SEOは、『Search Engine Optimization』の略で、日本語では、『検索エンジン最適化』という意味です。
そして、自社サイトを検索エンジンに対して最適化することで、上位にページを表示させることを『SEO対策』といいます。
今回は、各企業のマーケティング担当者が知っておきたい、SEOの基礎知識についてご説明します。

検索エンジンの歴史とSEO対策の誕生

1990年代半ば以降、世界的な広がりを見せたインターネットは、文化や商業に大きな影響を与えるようになりました。
そして1994年にスタンフォード大学のジェリー・ヤンとデビッド・ファイロが世界初の検索エンジン『Yahoo!』を開発し、インターネットは大きな躍進を遂げ、人類にとってより身近なツールとなりました。

現在はGoogleを筆頭に、さまざまな検索エンジンがあり、それぞれが独自のアルゴリズムで自動的に動いていますが、初期の検索エンジンは人がWeb上の情報を収集して体系立てたものでした。

その後、検索エンジンも進化を重ねていきましたが、それでも90年代は、ユーザーの入力した単語をより多く含んだWebページが上位に表示されるだけだったため、単語を羅列しただけのサイトが上位に来ることもあり、必ずしもユーザーにとって使いやすいものではありませんでした。

そこに現れたのが、Googleの創業者であるラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンです。
二人は、従来の検索エンジンとは異なるアルゴリズムでWebページを表示させるロボット型検索エンジンを使用したGoogle検索を発表し、検索エンジン界のトップに躍り出ました。

Google検索は、従来のキーワードを羅列しただけのWebページを上位に表示することはせず、質の高い、ユーザーにとってより有益なWebページから上位にランク付けするシステムを採用しました。
現在の検索エンジンにもその方針は受け継がれており、基本的にはクオリティが高く、ユーザーが求める情報を掲載してあるWebページが上位に来るようになりました。
これが、最初のSEOだったといえるでしょう。

企業にとって、検索エンジンで自社ページが上位に表示されるのはとても重要なポイントです。
Webページは検索結果が上位に来るほど、比例して多くの人が訪れるようになります。
単純に1ページ目の1番上にあるWebページが、その検索結果の中で1番見られているサイトと考えてよいでしょう。
10ページ目の1番下にあるWebページにアクセスする人は、ごく稀というわけです。


『ブラックハットSEO』と『ホワイトハットSEO』

現在の検索エンジンは、システムやメカニズムがすべて公開されているわけではなく、また、日進月歩で改良が行われているので、Webページの何を見てランク付けしているのか正確なことはわかりません。
コンテンツの新しさや、ユーザーの訪問回数、他サイトからのリンクや、もちろん必要なキーワードの有無もあるでしょう。
それらの総合的な因子を分析したうえで、質が高いと判断されたサイトが上位に来るようになっています。

SEO対策は、『ブラックハットSEO』と『ホワイトハットSEO』の2種類に大別されます。
『ブラックハットSEO』とは、被リンクの大量設置などを駆使して不正に順位を上げるSEO対策です。
一方、『ホワイトハットSEO』とは、ユーザーの欲しい情報を分析し、その要望に沿ったページを提供するSEO対策です。

2010年に入ってからは、Googleが数々の検索エンジンのアップデートを行い、それまで有効だったSEO対策が無効になることもありました。
2011年には、他サイトからコンテンツを流用しただけのサイトの評価を下げる『パンダアップデート』で、2012年には、他サイトをコピーしたコンテンツや、ユーザーにとって価値がない低品質なコンテンツを取り締まる『ペンギンアップデート』で、『ブラックハットSEO』を大々的に取り締まりました。

その結果、Googleをはじめとする検索エンジンは、自作自演のコメントや不要な相互リンクなどを拾うことはせず、ユーザーのことを第一に考えた、ホワイトハットSEOを重要視するようになりました。
さらに現在のSEO対策では、ホワイトハットSEOのなかでも、『コンテンツSEO』と呼ばれる施策が中心になっています。

このコンテンツSEOとは、検索ユーザーが欲している情報をコンテンツ化して公開し、有益なコンテンツを増加させて潜在顧客を広く集客するという仕組みです。

・自社の商品、サービスの潜在顧客が何を求めているのかを分析する
・どのようなキーワードで潜在顧客が検索するのかを予測する
・そのキーワードで検索する人のニーズを満たせる内容のページを作成する

以上のプロセスを繰り返してホームページのコンテンツを厚くしていき、アクセス数を増加させます。
ホワイトハットSEOは目に見えてすぐに効果が出るものではありませんし、効果の計測も困難です。
ユーザーが喜ぶ優良なコンテンツを作るには時間も手間もかかります。
遠回りのように見えますが、地道にユーザー第一主義でWebページやコンテンツを作っていくことが、結局のところ一番のSEO対策になるのです。

自社のWeb事業にSEO対策を取り入れる際は、どういった方法をとるのが一番安全かつ安心なのかをよく理解し、検討していきましょう。


※本記事の記載内容は、2020年6月現在の法令・情報等に基づいています。

TOPへ